プロフィール

朗読家_千代真由美.jpg

千代真由美(せんだいまゆみ)
◇朗読・声の表現 ハミングプロ代表。朗読家。『きいてもらえる声になる!®』 発声&朗読レッスン主宰。
(一社)日本朗読検定協会認定講師(シニアプロフェッサー)、朗読検定・読み聞かせ検定 検定員
◇ラフターヨガ・インターナショナル・ユニバーシティ認定 笑いヨガ(ラフターヨガ)リーダー
​◇ドラマケーションファシリテーター
​◇朗読家のための準備体操「よみ体操」考案

こんにちは。千代真由美(せんだいまゆみ)です。

何かのご縁でこのページをご覧いただいている皆さん、どうもありがとうございます。

​(ここ数年の活動状況を知りたい方はこちらへ。)
 

私は幼少時から音楽に親しみ、13歳までピアノを習っていました。

人前で話すのが苦手な おとなしい子供でしたが、放送や演劇に強い感心を持ち、学生時代は、放送部や英語劇の活動を行っていました。社会人になって一般企業に就職したものの、さらに声のプロを目指すべく、演技や歌の稽古を続け、歌では、故ボビー原氏に師事し、洋楽やゴスペル等のステージも経験しました。

そんな私と「朗読」との本格的な出会いは、ふとしたきっかけで、わかぎゑふさん脚本・監修、岡部尚子さん演出の朗読劇に、出演したことでした。経験豊富なベテランから初心者まで 10数名による舞台。立ち方・歩き方にはじまり、発声やセリフの感情表現の指導を受け、本番を迎えました。この経験で得たものは大きく、その後、朗読をもっと楽しみ、さらに広めたいと思いはじめました。

私は元々、身体があまり丈夫でなく、特に強いストレス状態に陥ると、眠れない・食べられない・動悸・めまい等、「不定愁訴」に悩まされ、過去に何度かの活動ブランクを経てきました。でも「声で表現したい」想いを諦めることはありませんでした。それどころか「声を出して表現すること」で、自分自身がそういう不快な症状から癒され、救われることを、どんどん実感するようになりました。


その後も、各種ボイトレ、音声専門の耳鼻咽喉科での呼吸と発声訓練、笑いヨガリーダー資格取得、ドラマケーションファシリテーター初級資格取得等、様々な経験を積んでいます。体については、解剖学専門・理学療法士のMerge Labo 山本篤先生に師事、朗読家のための準備体操「よみ体操」制作にも全面的に監修して頂きました。今後も「心と体が喜ぶ発声」を追究し続けます。

さて、私の朗読講師としての最初のお仕事は、よみうり神戸文化センターさんの『脳をイキイキ朗読セミナー』で、3年近く担当しました。その後、大阪府堺市の音cafe朗読教室を主宰し、梅田教室、オンライン教室、セブンカルチャークラブ鳳店では『話すためのボイストレーニング』講座を担当、他に単発セミナー講師としての活動を行っています。朗読家としては、株式会社スノーピーク様・堺 アルフォンス・ミュシャ館様等のイベントでの朗読も経験し、ナレーション等のお仕事もしています。また、2018年には青空文庫朗読コンテスト本選審査員も務めました。
作詞作曲・歌や楽器の音楽活動は、ライフワークとして芸名で行っています。

私のこだわりは、声を磨くことで「声・体・心」をトータルに良くすることと、自然体の朗読。どんな内容なのか…まずは実際にお会いして、一緒に声を出しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

​あなた様と 良いご縁がありますように。